• トップ
  • NTTサービス
  • OCN法人向け
  • OCN個人向け
  • ビジネス支援

指定事業者の変更(他者→OCN)とDNS登録申請

指定事業者をOCNにする

ドメイン移転(他社→OCN)の注意事項

【 注意事項 】

 

OCNで行うドメイン名の移転の処理は、以下の点をご了承いただくことが条件となります。 なお、ドメイン移転に際しては事前に譲渡される方の承諾を得ていただく必要があります。

 

・ OCN にご依頼をいただいてから内容確認を含め最大2週間程度ドメイン移転にかかる場合がございます、余裕を持ってお申込下さい。また、変更元の指定事業者様へ事前に連絡していない場合は、承認されなかったり承認が遅くなったりする場合もございますので、あらかじめ移転元指定事業者様へご連絡いただきますようお願いいたします。

 

・ 汎用ドメインのドメイン移転には、「登録者番号」(ドメイン取得時にJPRSから割り振られる「REG-XX-XXXX-XXXX」という体系の番号)のご連絡が必要となります。 この番号が不明な場合は、現在の指定事業者へご確認下さい。

 

・ ネームサーバの代行申請の依頼は、ドメイン移転が完了いたしませんと実施できません。

 

・ ドメインの移転申請については、譲受けようとする方からの申請をもって行います。

 

・ 移転するドメインを譲受けようとする方がOCNの契約者若しくは新規加入者とします。 また、譲受けられるドメインの登録者名とOCN契約者名は同一とします。

 

・ 譲受ける側は、そのドメインに係る費用のお支払いを了承していただきます。

 

・ 譲受けたドメインについては、OCNで接続していただきます。 その際は、OCNが指定事業者として登録されることを了承していただきます。

 

・ 移転完了後のトラブルについては、OCNでは一切の責任は負いません。

 

・ OCN回線契約を廃止された場合、「指定事業者」の変更が必要となること。 (他へ指定事業者変更された場合、OCNではドメイン更新料の請求は行いません。 また変更後のトラブル等について一切の責任を負いません)

 

・ OCNへのドメイン移転に際して、ドメイン登録料4,950円(税込)がドメイン毎にかかること。

 

・ OCNを指定事業者にした場合、データベース変更等で発生する変更料については、OCN契約者に対して請求を行うこと。 (OCN契約回線へ加算し請求いたします。更新料のみの個別請求はお受けできません) ・ お客様がOCNのお客様番号に対し、すでに登録者番号等をもっている場合はその登録者番号、公開連絡窓口番号を利用いただくこと。

 

・ レジストリデータベースに登録されている内容に変更が生じた場合は必ずOCNへ連絡いただくこと

 

・ お客様の公開連絡窓口に関しましては、Whois にて公開されている内容を元に、新たに登録いたします。 ・ 複数のドメインを接続される場合、それにかかる一切の責任はOCN契約者に負っていただきます。

 

・ JPRS へのネームサーバ登録・更新の申請にかかわる更新タイミングとDNSサーバ反映タイミングについてご理解いただいていること。(JPRSは、データベースを登録完了後、順次DNSサーバへの反映作業を行いますが、JPRSへの申請からデータベース登録まで、何らかのトラブルがあった場合は数日かかる場合もあるということなど。)

属性型・地域型JPドメイン 指定事業者変更手続きの流れ

OCNへの所定のフォーマットにて連絡

現在の指定事業者へ指定事業者変更を実施する旨を連絡
※連絡方法は指定事業者によって異なりますので、現在の指定事業者にお問合せ下さい

現在の指定事業者が指定事業者変更の承認、不承認を実施

指定事業者変更申請の「承認」後、
お客様のご希望にあわせネームサーバ変更申請を実施

 【 依頼宛先 】
  電子メール宛先:ni-desk@ocn.ad.jp
 【 依頼方法 】
 

電子メールの本文に、フォーマットをコピーし、項目内容をご記入のうえ、上記の宛先へお送り願います。(サブジェクトは、フォーマットを参考に、半角文字でご記入願います)

処理が完了後の結果報告は、ご依頼元にメールかFAXにてご連絡差し上げます。

 

ページトップへ