• トップ
  • NTTサービス
  • 楽天
  • ソフトバンク
  • OCN

Security BOSS

UTMのリスクを回避。中小企業の情報セキュリティを 24時間365日で有人監視

ゲートウェイ・セキュリティ 運用監視サービス

概要

今、多くの企業がウイルス感染、フィッシングによる“なりすまし”、標的型攻撃などの脅威にさらされており、万全なセキュリティ対策が急務となっています。対策のために、あらゆる脅威に対して統合的に管理する機能を備えたUTMを導入する企業も増えていますが、UTMは設定やメンテナンスが複雑で、十分に使いこなせていないケースも少なくありません。

Security BOSS ゲートウェイ・セキュリティ運用監視サービスは、UTMをお客さま先に設置して24時間365日の有人監視を行うNTTPCのアウトソーシングサービスです。設定や運用が難しいUTMの管理をお客さまに代わってNTTPCが実施し、迷惑メールやウイルスの攻撃、P2Pファイル共有ソフトによる情報漏えいからお客さまの大切な情報資産を守ります。

特徴

特徴1.24時間365日お客さまのUTMを運用監視

NTTPCのSOC(セキュリティ・オペレーション・センター)では、24時間365日のUTMリモート監視を行い、お客さまの要望に応じて、適宜、チューニングを行います。

提供ベンダが蓄積しているセキュリティ情報のデータベースを基に、ウイルスパターンや、不適切サイトの情報が定期的に更新され、セキュアな環境が保たれるため、専門的な知識やノウハウを持たないお客さまも安心してご利用になれます。

問題が発生した際にも、SOCがリモートから迅速に対応します。

特徴2.レポートによるセキュリティ対策効果の見える化

各対策項目に基づく検出結果やリスクなどを月次レポートで確認することができます。

投資効果が見えにくかったセキュリティ対策の効果が実感できます。セキュリティ対策を強化する判断材料にもなります。

特徴3.幅広い攻撃に対応

ファイアウォール、侵入検知/侵入防御、メールアンチウイルス、Webアンチウイルス、ファイル転送アプリケーション制御、URLフィルタリング、アンチスパイウェア、アンチフィッシング、メールアンチスパムの9つのセキュリティ運用を実現。幅広い攻撃への対応により、リスクを軽減します。

Security BOSS ゲートウェイ・セキュリティ運用監視サービス流れ

ページトップへ